被災地訪問のご報告

平成30年3月8日に福島県いわき市沿岸地区の被災地へ訪問してまいりました。

自身も被災者であり、震災語り部者でもある大河内喜男さんによる被災地視察の案内、

口話も聞き被災地の現状、震災体験や教訓を直接聞きました。

賠償金の格差による金銭格差が生まれてしまっているということを初めて知りました。

現地で見て、話を聞いて初めて分かったことなので、現場でしか分からないということなのだと思いました。

また防災・減災について考える機会をいただきました。

 

幹事の塩野目さん、廣田さんお疲れさまでした。

 

青年部会長 柏木恒二

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 青年会活動報告   パーマリンク